MENU

レーザーでシミが消える理由

レーザー光線は遠くまで行っても広がらず、エネルギーを維持するという特性を持っています。 この特性を利用したのがレーザー治療です。

レンズを使って一点に集中すると、ものを破壊する大きなエネルギーも作り出すことができます。 美容レーザーは、シミになっている異常な細胞だけに照射し、その細胞を破壊します。 この時、レーザーはメラニンの黒い色素だけに反応して、シミのないきれいな肌の部分には反応しませんので心配ありません。

細かく砕かれた細胞は数日でかさぶたとなり、自然と剥がれ落ちます。 剥がれ落ちたばかりの皮膚には赤みが残っていますが、1ヶ月程度で消えます。 個人差はありますが、2~3か月ほどで周囲の皮膚と同じようにきれいになります。

同じシミでもレーザーの効果のあるものとないものがあります。 そばかすや老人性色素斑などには有効で、治療後は再発しないように紫外線を避けて、日焼け止めなどで予防すれば大丈夫です。 しかし、肝斑などの女性ホルモンのバランスの乱れが原因の場合は、逆にレーザーが刺激となり悪化することがあります。 レーザー治療の前に、しっかりお医者さんに相談しましょう。

シミ解消にレーザー治療をするのは少し抵抗があるという方もいるでしょう。 その場合にはシミを消す美白化粧品を試してみると良いです。 美白化粧品にはシミを消すものや予防するものなどの種類があるので適切なものを選びましょう。 シミを消すおすすめの化粧品

レーザーによるシミ取りの費用

レーザー治療は自由診療になりますので、クリニックによってかなりの違いがあります。 治療シミの種類や部位、大きさによっても違います。 さらに、使用するレーザー機器の違いによる費用の差があります。

一般的に使われることの多いQスイッチルビーレーザー・Qスイッチヤグレーザー治療の料金を見ると、通常のシミが、直径5㎜以内が5千円~1万円、直径5㎜~6.5㎜以内5千円~8千円、1㎝四方1万円~2万1千円。

肝斑が、顔全体4万円~6万円、頬3万円~4万5千円。 そばかす直径3㎜以内1千円~3千円。 くすみ・色素沈着直径5㎜以内2千円~3千円、直径5㎜~6.5㎜以内3千円~4千円、1㎝四方5千円~1万円。 老人性色素斑直径5㎜以内3千円~6千円、1㎝四方5千円~1万円となっています。 また、太田母斑、外傷性刺青、異所性蒙古斑は健康保険が適用され、3~4回の施術で治ります。

かなりの金額の幅があり、術後の薬も必要ですが、大体1回の施術で済みますので、レーザー治療を受けずに通院する場合と比較して、どちらを選ぶかという、選択の問題だけです。

レーザー治療は敷居が高いという方も多いと思います。 確かにレーザー治療は効果が高いですが、肌トラブル等のリスクもありますし、費用もかなりかかります。 まずは美白化粧品でシミケアをしたいという方も多いのではないでしょうか。 美白化粧品なら自宅で気軽にシミのケアが始められます。 美白化粧品を選ぶ際に失敗しないためには、自分の肌質に合ったもの選ぶことです。 すごい美白化粧品!おすすめはこれ

シミのレーザー治療を受けるならどんなクリニックが良い?

シミをレーザー施術で取るには、医療機関によって値段が異なります。 シミのサイズによって料金が違い、小さいほどリーズナブルな価格で取ることができます。 しかし単純に施術費用だけではなく初診料や診察料が掛かってしまったり、シミの状態によっては1回では取れないこともありますので、数回に分けてレーザー治療することもあります。 そのことから施術料金だけではなく、総合的な費用を確認してから決めておきたいものです。

例えばTVCMでも宣伝している大手美容外科では、初診としてのカウンセリングは基本的には無料となっており、2ミリ以下で2,430円にて施術することができますので、日程さえよければそのまま手続き終了後に施術を開始し、入院することなく1日で終了することもできます。 ただピンポイントでの施術なので、年齢によってはシミだけではなくニキビ跡や肝斑との区別が付かなく、最初に肌の状態を確認してから治療内容も変わってくることもあります。

シミを取りながらもニキビ跡も一緒に治療をしたり施術した後の経過状態を診ることもあることから、医療技術だけではなくアフターケアも万全でないと評価に繋がることから評判の良い所を探してみて下さい。

更新履歴